弦交換

「ギターを磨きたいから 弦を換えていい?(オイどん」
「だみ(相方どん」

最近 この会話の繰り返しです

弦 タダじゃないですからね・・・しかも
彼のなけなしのポケッチマニーから捻出したものですけんね

アニボー

交渉はなんちゃらを極めてます
※脳がメルトダウンして耳から垂れてるんで ボキャが・・・



オイどん 自慢じゃないけど
エレキギターの弦を交換したことがありません(キリッ

自慢になってませんね

完全に腐ってると思うんですが
「切れるまで使え」と 大蔵省が申しておりますんで
いたしかたないのであります

ギターへの負荷がどうのとか 現実問題の前でなんの意味もなしません

むしろ 切るまで使うことの意義をトクトクと説かれる始末です うざい


ところでうちの大蔵省 基 相方どん
手がすごい酸性って言うか なんだろう??

触れるものは即座に腐り 錆び 溶けるんです

おかげでオイどんも錆びさびです(それは生まれ付き

弦も もって1ヶ月

張り替えた日に「見て けびちん もうこんなw」って
真っ黒に変色した弦を見せてくれます

いやそれおかしいから 君ってなんのモンスター


対してオイどん・・・自然界において
うっかり 植物(主にイネ科の雑草)に分類されそうな人間です

そして今 更に油分が抜け 干草です
牛がうまそうにはむアレです

干草が弦に触れたところで なんの変化もあるはずもなく
あと5年くらいは切れそうにありません

いいね!!省エネ☆


相方どん たのむ せめて 半年に1度は張り替えさせてくれ・・・
1年に1度でもいいから

そろそろ2年目突入しそうw
[PR]
by qp-queico | 2010-07-26 11:27 | エレキギター